ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの成分詳細

更新日:

ロスミンローヤルはなぜ多彩な成分を配合できるのか?

色とりどり
ロスミンローヤルの最大の特徴はその配合成分の多さ。シミ・小じわなど肌のケアに特化した13種類に及ぶ有効成分と、漢方の生薬として知られる9種類のエキスが調合されています。

市販のシミ対策用商品の場合、有効成分は3種類から4種類しか含まれていません。ロスミンローヤルの22種類というのが、いかに例外か分かるでしょう。

22種類の有効成分ともなると、調合自体が大変複雑で注意を要します。ロスミンローヤルの場合は製薬会社の職人が手作業で行い、繊細な調合を可能にしているのです。

ロスミンローヤルの成分について

成分をチェック

L-システイン

シミ対策のサプリメントでおなじみの成分。ビタミンCと一緒に摂ることで、シミ発生の原因となるメラニンの過剰分泌を抑えてくれます。

また、角質に沈着したメラニンの排出を助けたり、メラニンそのものを無色化する働きも。

さらに角質自体を柔らかくしてくれるので、ニキビ予防にも効果的です。

DL-メチオニン

体内では作ることのできない必須アミノ酸のひとつ。解毒作用を持ち、老廃物を体外に排出してくれます。

また細胞内に含まれるタンパク質の代謝・成長の促進作用も備えています。

さらに重要なのは、肝機能を高める働きを持つこと。肝臓は栄養をためておく臓器なので、その働きが弱まると、体の栄養素が不足してきます。そうなると肌に必要なビタミンB群も足りなくなるので、肌トラブルも起こりやすくなるわけです。

リボフラビン

別名ビタミンB2。エネルギーの代謝や細胞の新陳代謝を促します。また、皮膚、髪、爪の発育に重要な役割を果たしています。

ニコチン酸アミド

ビタミンB3の別称。皮膚や粘膜を健康に保ち、血流を良くしてくれます。

パントテン酸カルシウム

ビタミンB5の別名。ニコチン酸アミド同様、皮膚のコンディションを良くするので、湿疹の治療にも用いられます。

シアノコパラミン

ビタミンB12のこと。赤血球の形成をサポートするほか、神経機能を正常に保つという重要な役割があります。

アスコルビン酸

ビタミンCの別称です。人間の体内で作り出すことのできないビタミンの代表で、サプリメントして最もポピュラーなものでしょう。シミ対策には欠かせない成分ですが、コラーゲンを合成する役割もあり、美肌効果も期待できます。

ビタミンE散

血行促進作用があり、肌あれ、紫外線によるシミとソバカス、肌の老化を防ぐ効果を備えています。

カルニチン塩化物

胃腸機能を高める働きがあり、栄養ドリンクの成分としてよく使われます。

安息香酸ナトリウムカフェイン

脳神経にアプローチし、精神活動を活発にする働きがあり、倦怠感や片頭痛の緩和に用いられます。

これらのほかに、ローヤルゼリー(新陳代謝を促進)、高麗人参(血行改善と免疫力向上)、ブクリョウ(疲労回復、滋養強壮)、シャクヤク(婦人病全般と慢性胃腸炎を改善)、ソウジュツ(利尿、発汗、整腸作用)、センキョウ(血行促進、抗炎症、排膿効果)、タクシャ(生理不順、冷え性を改善、保湿効果)、ハンゲ(食欲不振の改善、ストレス発散作用)、トウキ(生理痛、生理不順、冷え性などの改善)といった生薬のエキスが配合されていて、優しく体と肌に働きかけてくれます。

ロスミンローヤルの口コミ

-ロスミンローヤル

Copyright© ロスミンローヤルの口コミinfo〜人気のシミ・シワ薬を徹底レビュー〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.