ロスミンローヤルを薬局で購入できない理由

未分類

ロスミンローヤルを薬局で購入できない理由

更新日:

ロスミンローヤルを薬局で購入できないのはなんでなの?

ロスミンローヤルはTVコマーシャルやラジオはもちろん、あまりメディアで見かける機会は無いと思います。
 
そして、公式サイトでの通信販売限定の医薬品ですから、薬局などでも販売されていません。 
 
通信販売専門の医薬品なのに、薬局で購入不可なのに加え、楽天やamazonなどの大手の通販サイトですら注文できないので、なんか違和感を感じる人もいるかと思います。
 
普段からCMとか薬局の店頭でもよく見かける商品の方がなんとなく安心できるし、効き目もいいんじゃないかと思う気持ち、すごくわかります。
  
しかし、ロスミンローヤルに関しては、薬局や楽天やamazon等に置いていないのには明確な訳があるのです。 
 

ロスミンローヤルはたくさん製造できない

ロスミンローヤルはたくさん製造できない
薬局や楽天で取り扱いをしたいということは、多くの方の目に触れた上で購入してもらいたいという願望があってのことだと思います

企業が独自で作っているサイトよりも、楽天やamazon、または有名な薬局等で扱った方が、その閲覧者の数が格段多く、その分購買人数も増えるのは当然のことです。

ただ、公式サイトでも記載がありますが、ロスミンローヤルの関していうと、製造の段階での手間などから、一か月にたったの2000個しか作ることができないのです。
そもそも、大量生産、大量販売する商品ではないのです。
 
 
ご注文者の80%以上が2回目以上であるロスミンローヤルは、月に2000個の大半が定期購入者に向けたものなので、新規の方にたくさん購入してもらわなければならないわけではないのです。
 
むやみに新しいお客さんが多くなったところで、ロスミンローヤルが購入希望者の手に渡らなくなってもいけませんし、生産量をむやみに増やして製造の質の低下が起こってもいけません。

ロスミンローヤルは、大きな媒体であるTVコマーシャルなどをほぼ打っていないのにも関わらず、口コミだけ十分認知度もある商品なのです。
 
公式サイトからの新規や定期購入者の方の注文で、月に2000個という商品はほぼ無くなるようなので、薬局や楽天やamazonのようなメジャーな販売方法をとることはしないということなのですね。

そもそもロスミンローヤルが開発されたのはどのようにして?

そもそもロスミンローヤルが開発されたのはどのようにして?
ロスミンローヤルは、1948年からある米田薬品という老舗の製薬会社が生み出した医薬品です。
実はこのロスミンローヤル、もともと創業者の米田俊一氏が自らの妻に向けて作った薬なのです。
なんか素敵なお話ですね。
薬剤師である社長自らが、本当に有効だと思う材料を選んで調合し、妻がいつまでも綺麗でいられるような願いを込めて作った薬です。 
 
ロスミンローヤルの前身の薬の誕生は、40年以上も前だったのですね。

効果は非常に高く、奥さんの若々しさは評判を生み、その薬は商品化する事となって、ロスミンローヤルという名前になったのです。
 
薬局などで購入できないので、ロスミンローヤルは最近できた商品だと思っている方も多くいるようですが、実はロスミンローヤルという商品自体は、だいぶ前からあった薬なんですね。

しかし、人の手によって手間をかけて製造しているので、多売に不向きなので、長年服用している方にのみ製造されていたので、なかなか入手困難な商品でした。
 
しかし、この優秀な商品をもっと世に届けたいと、アインファーマシーズという大手の調剤薬局が販売できるように口説いたのです。
 
そしてついに、ロスミンローヤル一般の方でも買えるように至ったのです。 
 
アインファーマシーズと協調したとはいえ、販売面を委ねるというだけで、買収されたとかではないので、生産量を以前より増やすことや、当然製造工程は妥協しておらず、2000個/月という生産量はそのままなんですね。 
  
通信販売で購入可能にはなりましたが、手間のかかった貴重な商品なので、もし購入しようと考えている方は、定期コースの定員に達する前にまずは実際に服用してみるといいと思います。

-未分類

Copyright© ロスミンローヤルの口コミinfo〜人気のシミ・シワ薬を徹底レビュー〜 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.